真・女神転生【感想】

こつこつレベルを上げて破壊神シヴァの作成に成功。
ここまで結構長かったなぁ。

久しぶりにクリアまで通して『真・女神転生』遊んでみた感想。
まず感じたのがエンカウント率たかっ!
エキスパートモードだから余計そうだったのだと思うけど、後半のダンジョンなんかだと一歩毎に悪魔とエンカウントするような場所も。
結構ダルかった。 SFC版もこんなに悪魔でたっけかなぁ?
レベル上げや仲魔集めの時は悪くないが、アイテム回収やストーリー進行時は正直イライラした。

次に感じたのが人間よわっ!
どんなにレベルが上がっても呪殺系の一撃死魔法は中確率で食らってしまうし、余裕ぶっこいてオート戦闘かましてると物理反射でいつの間にか全滅…
とにかく悪魔無しではレベル高くても油断できない弱さ。
さらに魔法は威力が早めに頭止めになるのでヒロインは後半だいたい回復しながら銃を乱射する役目を担う。魔力MAXなのに攻撃魔法を使った記憶が無い。

でもエンカウント率がやたら高いのと違って人間が弱いのは個人的には結構好きかな。
高いレベルになっても緊張感を失わないし、仲魔の編成に一ひねりする楽しみがある。
とはいえヒロインの最強攻撃魔法くらいはもう少し威力あっても良かったのではないかと…