webサイトが表示できない

WordPressのプラグインを更新したら500 errorが出てしまった。
久々のInternal Server Error(インターナルサーバエラー)。

プラグインを更新した時WPの管理画面上でエラーが出るなら特定は簡単なのだけど、
(この状態はWPが動いていて「このプログラム動かせないっすわ」とWPが教えてくれているので)
Internal Server Errorが出てしまうと、公開されているWebサイトや管理画面自体も処理が止まって上の画像の表示だけになってしまうので厄介だ。
(こちらの状態はそもそもプログラムエラーのせいでWPが動けていない状態)
Internal Server Errorは様々な要因で発生する可能性があるのだけど
(データベースに変な値を突っ込んだとか、PHPのコードでスペルミスしたとかの凡ミスでも起こりうる)
今回はWPのプラグインを更新した直後なので、まず間違いなく更新されたどれかのプラグインが不都合を起こしているのだろう。

こんな時はFTPでWPにアクセスしてプラグインフォルダ(/wp/wp-content/plugins)の中をすべてダウンロードしバックアップ。
あとはプラグインを一つ一つ削除しながらwebサイトを更新してみる。
超地道な作業。正直めんどい。

結果「wordpress-23-related-posts-plugin」を削除したら動いた。
関連記事を表示する為のプラグイン。

今まで動いていたWPのプラグインが急に動かなくなる理由は大きく三つあって、
① 新しバージョンを公開した時作者様が何かミスった
② WPがバージョンアップした際に何か仕様が変わった
③ 同時に入れている他のプラグインとDBのテーブルとか変数の名前とかがぶつかっている
自分の経験上はだいたい上のどれかで処理が止まってるケースがほとんど。

とりあえずの対処法として「wordpress-23-related-posts-plugin」をバージョンアップする前の3.6.3に戻してみる(今回新たに導入したのは3.6.4)とエラーも出ず普通に動いた。

しばらくはこれで様子を見よう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です