FFBE「憎めぬタコと大先生・覚醒級」クリア

「憎めぬタコと大先生・覚醒級」クリア
攻撃が激しい。すごく激しい。
2wave目の先制パンチはガチガチに固めたセシルでも即死してしまった。
いや、先制じゃない先生パンチでも即死してしまったが。

2、3度試してやっと勝利できたのが下のパーティー。
20160902c
はじめはマリーを入れて挑んだりしたのだけど、回復が間に合わないので「れんぞくま」持ちのセシルにチェンジした。
即死級ダメージの攻撃があることは割り切ってしまって、ダメージ軽減より回復力を重視した方が立て直しやすかった印象。

1Wave目はオルトロスだけが相手。
攻撃回数が多く、たくさん殴ってくる。
さすがタコ、無駄に足が多いわけじゃない。
物理攻撃が多めなので光の戦士とセシルでカバーできれば死人は出ないのだけど、
たまに使ってくる(敵残りHPの割合かな?)「マグニチュード8」がメチャメチャきつい。
この対策にパーティーの属性防御強化は切らさないでおきたい。
ティリスのレインボーヴェールがかかっていれば死人は出なかったので、
次のターンにHP回復で持ち直せる。
「さんせいう」にはディスペル効果が付いている為、バフ切られに注意。
モーグリは「魔法攻撃で攻めろ」的なことを言ってくるけど普通に物理で倒せた。
この1Wave目でミッションの「ライブラ使用」と「LBフィニッシュ」は決めておきたい。

2Wave目はオルトロスとテュポーンの同時戦闘。
前述のとおりテュポーンに殴られると殴られた奴はまず沈むので、
毎ターンレイズかフェニックスの尾で蘇生と回復を繰り返す。
これで2手が埋まってしまう。
レインボーヴェールを発動するにはティリスの手を開ける必要がある。ここでセシルの連続魔ケアルガが輝く。
余った3手でバフ、デバフ、攻撃を選択。
バフ、デバフは死人が増えないラインを見極めつつ、集中攻撃で大先生に早めにお帰りいただくことを優先したい。
大先生が「大きく息を吸い込んだ」時は戦闘不能者が出ないので、こちらの攻撃チャンス。
ただし大先生が沈むと、今度はタコが「ヘイスト」「プロテス」「マグニチュード8」を発動し攻撃が激化。お帰りいただくタイミングでバフがかかっていないと全滅もあり得る。
「ヘイスト」にどんな効果があるのかはよくわからなかった。
でもここまでくれば、あとは1Waveとだいたい同じ行動パターンぽいのでかなり楽になる。

上のパーティーでクリアしたあと、オルランドゥを一人減らして5人以下のミッションもクリア。
20160902b
攻撃のバリエーションが豊富でかなり歯ごたえのある敵だった。


——— 追記:20161113 ———
仕様が変わったとwebで見たので再戦してみたら…
FFBE「憎めぬタコと大先生・覚醒級」再び


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です