初のIDとパーティー戦。

初のID(インスタントダンジョン)戦を終えた。

FF14は意図的にゆったりとプレイしているつもり。
日毎や週毎でボーナスが発生するようなコンテンツは積極的に活用したり、
メインストーリー用のクエストを追うだけでなく寄り道してサブクエストを確認に行ったりしている。

ご馳走を目の前にぶら下げられるとすぐ食いついちゃうタイプのかおすにしては珍しく、
今回はサービス開始から4年近く経っているゲームへの参戦だった。
実はオンラインのゲームで遊ぶ時、あまり後発組としての出発は経験がない。
今回はどうせ最先端のプレイヤーには追い付かないや、って気持ちもあって
ゆったりと所謂「ゆとりプレイ」を楽しもうと意識している。

おかげで生産職や採取職のレベルが無駄に幅広い(低レベルのまま)
きっと生き馬の目を抜くような急進プレイなら、最低限ギル稼ぎに必要な効率の良いジョブだけレベル上げしてたろうな、と。

そんなゆったりプレイながら、文頭の初インスタントダンジョンクリアまでなんとかこぎつけた。
IDはパーティー用に組まれたコンテンツなので、初のパーティー戦。


改めて見ると、俺の装備だけ装飾とかなくて安っぽい…

序盤のダンジョンの為か仕掛けや仕組みは分かりやすく、
自分の役割もテュートリアルでしっかり学べるので非常に取っ付きやすかった印象。
ベテランの先輩プレイヤー方にご指導いただいたこともあり、難なく踏破できたのだ。

Monji Brando様
Nacho Cheese様
Eir Cranel様

不慣れな自分をサポートしていただきまして、ありがとうございます。
皆様には改めて感謝を申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です