DDON CBT1 振り返り

今日がCTB1最終日だけど、たぶんあんまプレイできなさそう。

公式サービス開始の時にCBT1と同じ条件でもっかいキャラを育てるなら、って感じで
気付いた事などのメモ。
もちろん様々な所で仕様は変わるだろうけど。

途中ファイターに浮気したりしたけど、やっぱりハンターが面白かったのでぜひまたプレイしたい。
あとシーカーやエレメントアーチャーにも期待。

ハンターは近接攻撃が蹴りしかないとか防御弱いけど、攻撃力高めってピーキーな感じが良かった。
あと一定の距離感を保ちつつ戦うっていうスタイルもアクション感があって好き。
(モンハンの弓やボウガンと同じようにクリティカル距離を意識する必要がある)

スキルは雑魚相手には「連なり撃ち」ボスクラスの大きな敵には「貫通撃ち」が強かった印象。
それと地味に楽しいのが「しじま撃ち」。
モード解除しないと移動できなくなる替わりに、標的が拡大されて威力・有効距離・吹き飛ばし力が上がるのでスナイパー気分を満喫。

クエスト面ではエリアのランクを上げていくのが最初の課題のひとつかな?
メインポーンを増やす為に必要な「リムストーンの欠片」はそこでゲットできる。

何度でも受けられるクエストは他のクエストクリアを一つ挟んでやれば再度受けられるようなので、
特定のアイテムや敵の撃破数を稼ぎたいときにはこれを活用することになりそう。

正式サービスの開始が楽しみだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です